PHP5.3.8 DOM・POSIXインストール

rpm -Uvh http://repo.webtatic.com/yum/centos/5/latest.rpm
yum --enablerepo=webtatic install php
or
yum --enablerepo=webtatic update php
yum --enablerepo=webtatic install php-xml
yum --enablerepo=webtatic install php-process
yum --enablerepo=webtatic install php-mbstring

上記でDOMがインストール出来ない場合下記を試す。

#yum install -y –enablerepo=remi php-xml

#/etc/rc.d/init.d/httpd restart

MySQLのrootパスワードの設定

ウィザードでrootのパスワードを設定する。
# /usr/bin/mysql_secure_installation

Enter current password for root (enter for none):[enter]
Set root password? [Y/n] [Y][enter]
New password: [新しいパスワード][enter]
Remove anonymous users? [Y/n] [Y][enter]
Disallow root login remotely? [Y/n] [Y][enter]
Remove test database and access to it? [Y/n] [Y][enter]
Reload privilege tables now? [Y/n] [Y][enter]

CentOS5.6にphp53パッケージをインストールする

備忘録として、CentOS5.6に標準でインストールされているPHP5.1からPHP5.3へアップデートと最低限必要なモジュールのインストールを忘れないようにまとめました。

CENTOSのphp53関連のパッケージ確認
# yum list php53*

PHP5.1.6の削除
# yum remove php php-*

php53のインストール
# yum install php53 php53-mbstring php53-mysql

DOMのインストール
# yum install php53 php53-xml

mcrypt拡張のビルドに必要なパッケージをインストール
# yum install php53-devel libmcrypt-devel

php-mcryptのインストール
# yum install php53-mcrypt

POSIXのインストール
# yum install php53-process

phpPgAdmin関連
yum install php53-pgsql

Apacheの起動
# /etc/rc.d/init.d/httpd restart

インストールしたモジュールの確認
# php -m

Webminのインストール

  1. まず、WebminのWebサイト(http://www.webmin.com/download.html)から最新版のRPMファイルをダウンロードする。
  2. # cd /tmp
    # wget http://prdownloads.sourceforge.net/webadmin/webmin-1.550-1.noarch.rpm

  3. インストールする
  4. # rpm -ihv webmin-1.550-1.noarch.rpm
    警告: webmin-1.550-1.noarch.rpm: ヘッダ V3 DSA signature: NOKEY, key ID 11f63c51
    準備中... ########################################### [100%]
    Operating system is CentOS Linux
    1:webmin ########################################### [100%]
    Webmin install complete. You can now login to http:/aaa.bbb.ne.jp:10000/
    as root with your root password.

VMware ESXi 4.1をホストOS起動時にゲストOSも自動起動させる。

  1. VMWare vSphere Client を起動。
  2. インベントリ を選択し、左ウィンドウのツリーで最上位のホストマシン本体をクリックし、右ウィンドウの構成タブをクリックします。
  3. 構成タブ左にある、仮想マシン起動/シャットダウンをクリックし、表示されたページの右上にあるプロパティ…をクリックします。
  4. 別ウィンドウで、仮想マシンの起動およびシャットダウンが開きます。
  5. 起動順序はデフォルトでは手動での起動になっているので、ゲストOSをクリックして『上へ移動』をクリックし、自動起動に移動させて OK ボタンをクリック。
  6. これで完了。

VMware Tools のインストール

1.rootでログインする

2.イベント>>仮想マシン>>ゲスト>>VMware Toolsのインストール/アップグレード

3.# cd /media/VMware Tools/

4.# ls -al

dr-xr-xr-x 2 root root     2048  1月 13  2011 .
drwxr-xr-x 3 root root     4096  7月 27 17:09 ..
-r–r–r– 1 root root 51041690  1月 13  2011 VMwareTools-8.3.7-341836.tar.gz
-r–r–r– 1 root root     1987  1月 13  2011 manifest.txt

5.# cp VMwareTools-8.3.7-341836.tar.gz /tmp

6.# cd /tmp

7.# tar zxf VMwareTools-8.3.7-341836.tar.gz

8.# cd vmware-tools-distrib

9.# ./vmware-install.pl

とりあえず全てENTERで進めていく。

Please choose one of the following display sizes that X will start with:

[1]  “320×200”
[2]  “320×240”
[3]  “400×300”
[4]  “512×384”
[5]  “640×400”
[6]  “640×480”
[7]  “720×480”
[8]  “800×480”
[9]  “854×480”
[10]  “720×576”
[11]  “800×600”
[12]  “1024×768”
[13]  “1280×720”
[14]  “1280×768”
[15]  “1152×864”
[16]  “1280×800”
[17]  “1366×768”
[18]  “1280×960”
[19]  “1440×900”
[20]  “1280×1024”
[21]  “1400×1050”
[22]  “1680×1050”
[23]  “1600×1200”
[24]  “1920×1080”
[25]  “1920×1200”
[26]  “1920×1440”
[27]  “2048×1536”
[28]  “2560×1600”
[29]  “2560×1920”
Please enter a number between 1 and 29:

[3]

10.とりあえず[3]でENTER

11.インストールが終了したらrebootして確認してみる。

CentOSにPHPアクセラレータAPCを入れる

peclを使えるようにするために、php-pear、php-devel、httpd-develをインストール。

  1. APCのインストール
  2. # yum -y install php-pear php-devel httpd-devel

  3. apcの設定ファイルを作成します。
  4. # pecl install APC

  5. apcの設定ファイルを作成します。ホントはphp.iniに設定を書き込むらしいですが、apc.iniを作成してphp.dディレクトリに放り込んでおいた方が後が楽なので。php.dに放り込んだものは、Apacheを起動するときに自動的に読み込まれます。
  6. # echo "extension=apc.so" > /etc/php.d/apc.ini

  7. Apacheを再起動します。
  8. # service httpd restart

  9. apc.phpをウェブ上から見られる適当なディレクトリにコピーして使用します。
  10. # cp /usr/share/pear/apc.php 公開ディレクトリ

  11. apc.phpにログイン
  12. コピーしたapc.phpをエディタ等で開き、password以外の文字列を指定する。
    defaults('ADMIN_USERNAME','apc'); // Admin Username
    defaults('ADMIN_PASSWORD','password'); // Admin Password - CHANGE THIS TO ENABLE!!!

  13. 設定したユーザー名とパスワードでapc.phpにログインする。
  14. 設定関係が確認できます。

  15. 高速化設定
  16. apc.iniを編集します。
    # vi /etc/php.d/apc.ini
    以下のように設定する。
    extension=apc.so
    apc.enabled = 1
    apc.shm_size = 512M
    apc.gc_ttl = 3600
    apc.ttl = 3600

  17. Apacheを再起動します。
  18. # service httpd restart