CentOS5にPostgreSQL9.2をインストールする

CentOS5PostgreSQL9.2をインストールする方法です。

リポジトリを追加

wget http://yum.postgresql.org/9.2/redhat/rhel-5-x86_64/pgdg-centos92-9.2-5.noarch.rpm
rpm -ivh pgdg-centos92-9.2-5.noarch.rpm

PostgreSQL9.2をインストール

yum install --enablerepo=pgdg92 postgresql92*

データベースの初期化

/etc/rc.d/init.d/postgresql-9.2 initdb

PostgreSQL9.2を起動

/etc/rc.d/init.d/postgresql-9.2 start

PostgreSQL9.2を自動起動

chkconfig postgresql-9.2 on

phpPgAdminからpostgresユーザーでログイン出来るようにする

vi /var/lib/pgsql/9.2/data/pg_hba.conf

赤文字部分を変更する

# TYPE  DATABASE        USER            ADDRESS                 METHOD

# "local" is for Unix domain socket connections only
local   all             all                                     trust
# IPv4 local connections:
host    all             all             127.0.0.1/32            trust
# IPv6 local connections:
host    all             all             ::1/128                 trust
# Allow replication connections from localhost, by a user with the
# replication privilege.
#local   replication     postgres                                peer
#host    replication     postgres        127.0.0.1/32            ident
#host    replication     postgres        ::1/128                 ident
Type  :quit  to exit Vim

設定ファイルに、暗号化 (blowfish_secret) 用の非公開パスフレーズの設定を必要とするようになりました。

phpMyAdminで『設定ファイルに、暗号化 (blowfish_secret) 用の非公開パスフレーズの設定を必要とするようになりました。』のエラー表示が出た場合の対処方法。

ファイル名を下記に変更する

config.sample.inc.php → config.inc.php

(98)Address already in use: make_sock: could not bind to address 0.0.0.0:80 でApacheが起動出来ない。

サーバー構築中でApacheが起動出来なくなった。

# service httpd restart
httpd を起動中: (98)Address already in use: make_sock: could not bind to address 0.0.0.0:80
no listening sockets available, shutting down
Unable to open logs

前にも経験したことがあったが、対処法を忘れてしまっていた。
どうもApache起動時にポートが当たって起動出来ないみたい、とりあえずApacheの設定を触ってみる。

httpd.confのListen 80をコメントアウト

#Listen 80

# service httpd start
httpd を起動中: (98)Address already in use: make_sock: could not bind to address 0.0.0.0:443
no listening sockets available, shutting down
Unable to open logs
[失敗]

今度はssl.confのListen 443をコメントアウト

#Listen 443

# service httpd start
httpd を起動中:                                            [  OK  ]

無事にApacheが起動できました。

CentOS5にMySQL5.5をインストール

リポジトリの追加。

[html gutter=””false””]
# rpm -ivh http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/5/i386/epel-release-5-4.noarch.rpm
# rpm -ivh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-5.rpm
[/html]

MySQLのインストール
[html gutter=””false””]
# yum –enablerepo=remi install mysql-server
[/html]

MySQLの再起動
[html gutter=””false””]
# /etc/rc.d/init.d/mysqld start
[/html]

バージョンの確認
[html gutter=””false””]
# rpm -qa | grep mysql
[/html]

Clam AntiVirus のインストール

■Clam AntiVirusインストール

# yum -y install clamd

■Clam AntiVirus起動

# /etc/rc.d/init.d/clamd start

■Clam AntiVirus自動起動設定

# chkconfig clamd on

■ウィルス定義ファイル更新機能の有効化

# sed -i ‘s/^Example/#Example/g’ /etc/freshclam.conf

■ウィルス定義ファイル最新化

# freshclam

■ウィルススキャンテスト

# clamscan –infected –remove –recursive

■ウィルススキャンを定期的に実行

# vi clamscan.sh

■以下を記述

#!/bin/sh

clamscan -r /home \
–infected \
–recursive \
–remove \
–log=/var/log/clamav/clamav_`date +%Y-%m-%d`.log \

# –infected   感染を検出したファイルのみを結果に出力
# –recursive   指定ディレクトリ以下を再帰的に検査 圧縮ファイルは解凍して検査
# –log=FILE   ログファイル
# –move=DIR   感染を検出したファイルの隔離先
# –remove   感染を検出したファイルを削除
# –exclude=FILE   検査除外ファイル(パターンで指定)
# –exclude-dir=DIR 検査除外ディレクトリ(パターンで指定)

■実行権限を与える

# chmod +x clamscan.sh

■Cronで毎日実行させたいので、/etc/cron.daily/に移動する。

# mv clamscan.sh /etc/cron.daily/

JPEG ・PNG ファイルをメタデータを取り除いてファイルサイズを小さくしてくれるソフト。

ドラッグ&ドロップだけでメタデータを取り除いてファイルサイズを小さくしてくれるソフト。

JPEG & PNG Stripper

EC-CUBEの管理画面で『[PR] おすすめサービスのご紹介』を非表示にする。

ECサイトの管理画面に宣伝はどうかなと思い『[PR] おすすめサービスのご紹介』を非表示にすることにしました。

編集するファイルは下記です。
/data/class/pages/admin/LC_Page_Admin_Home.php

105行目の下記の部分をコメントアウトします。

// お知らせ一覧の取得
//$this->arrInfo = $this->lfGetInfo();

携帯電話シュミレーターアドオン

久しく携帯電話(ガラケー)サイトを作っていなく、今時携帯電話サイトを制作するときにシュミレーターをどうしているのか探してみたところ、便利そうなものがありました。

FireMobileSimulator

Chromeにも対応しているようですが、とりあえずFireFoxにインストールしました。

携帯電話(ガラケー)対応サイトもあるので、これでチェックしてみたいと思います。

CentOS5.9にPHP-GDをインストール

CentOS5.9のPHP5.3でPHP-GDがインストール出来なくて少しなんだので備忘録として記録。

以下コマンドでインストールしても入らない。

# yum install php-gd

ググっても該当しそうなページは見つからない・・・

良く考えたら、PHP5.3は『yum install php53』でインストールした記憶が。

で以下コマンドを実行。

# yum -y install php53-gd

インストール出来ました。

以下でモジュールの確認
# php -m
[PHP Modules]
bz2
calendar
Core
ctype
curl
date
dba
dom
ereg
exif
fileinfo
filter
ftp
gd
gettext
gmp
hash
iconv
json
libxml
mbstring
mcrypt
mysql
mysqli
openssl
pcntl
pcre
PDO
pdo_mysql
pdo_pgsql
pdo_sqlite
pgsql
Phar
posix
Reflection
session
shmop
SimpleXML
sockets
SPL
standard
sysvmsg
sysvsem
sysvshm
tokenizer
wddx
xml
xmlreader
xmlwriter
xsl
zip
zlib

[Zend Modules]

良かった・・・

FirefoxでGmailを既定の電子メールプログラムにする方法

FirefoxブラウザでGmailを既定の電子メールプログラムにする方法です。

  1. Firefoxブラウザの上部メニューより ツール>>オプションを選択します。
    Firefoxブラウザの上部メニューより ツール>>オプションを選択します。
  2. プログラムのタブをクリックして、検索のところに『mailto』を入力します。
    取扱い方法のところのプルダウンで『Gmail』を選択して『OK』をクリックします。
    プログラムのタブをクリックして、検索のところに『mailto』を入力します。 取扱い方法のところのプルダウンで『Gmail』を選択して『OK』をクリックします。

これでWEBサイトでmailtoリンクをクリックするとGmailがブラウザで開くようになります。