PHPで特定のページをSSLにリダイレクトする方法

PHPで特定のページをSSLにリダイレクトする方法を備忘録として記録です。

[code]
<?php
if (empty($_SERVER[‘HTTPS’])) {
header("Location: https://{$_SERVER[‘HTTP_HOST’]}{$_SERVER[‘REQUEST_URI’]}");
exit;
}
?>
[/code]

ホームページをリニューアルしました!

スマートフォンに対応するために、レスポンシブWEBデザインでホームページをリニューアルしました。

ついでに、サブドメインで運用していたブログもサイト配下に引越してみました。
これは同じドメイン内でブログを運用した方がSEO的には良いからです。

現状は取りあえずのリニューアルで、今後もう少し充実させたいと思っています。

CMSウェブルで作っているので、更新は簡単なので、コンテンツ充実に専念できます。

今後共、WebWave有限会社をよろしくお願いいたします。

ホームページ制作、WEBシステム制作のWebWave有限会社 京都

ホームページにブログの新着記事を表示させる方法

ブログの新着記事の一覧をホームページに表示させたいときがありますよね。

Google AJAX APIを使えば簡単に表示させることができます。

下記Javacriptをページに記述します、<body>内でもOKです。

<script type=”text/javascript” src=”http://www.google.com/jsapi”></script >
<script type=”text/javascript”>

//Google Feed Api
google.load(“feeds”, “1”);

function initialize() {

// ブログのRSSを設定
var feed = new google.feeds.Feed(“RSSのURL”);

// 記事タイトルの表示文字数を30文字に設定
var maxTitleLength = 30;

// 記事タイトル取得件数を10件に設定
feed.setNumEntries(10);
feed.load(function(result) {
if (!result.error) {
var container = document.getElementById(“feed1”);
for (var i = 0; i < result.feed.entries.length; i++) {

// 記事タイトルを取得
var entry = result.feed.entries[i];
var title = entry.title;

// 記事タイトルを文字数調整
if (title.length > maxTitleLength) {
title = title.substr(0, maxTitleLength) + ‘…’;
}

// 年月日設定
var dd = new Date(entry.publishedDate); // now
var yearNum = dd.getYear();
if (yearNum < 2000) yearNum += 1900;
var m = dd.getMonth() + 1;
if (m < 10) {m = “0” + m;}
var d = dd.getDate();
if (d < 10) {d = “0” + d;}
var date = yearNum + “年” + m + “月” + d + “日”;
container.innerHTML += “<li><span>” + date +” </span>” +” <a href='” + entry.link + “‘ target=’_blank’>” + title + “</a></li>”;
}
}
});

}
google.setOnLoadCallback(initialize);

</script>

表示したいところに下記タグを挿入
<ul id=”feed1″></ul>

後はCSSで整えてください。

Firefoxブラウザで『お使いのPCのパフォーマンスが低下しています』という変な広告が・・・

突然、Firefoxブラウザで『お使いのPCのパフォーマンスが低下しています』という変な広告が出ました。

お使いのPCのパフォーマンスが低下しています

Google先生に聞きながら、変なアドオンやプログラムがインストールされていないか調べてみましたが該当無し。

ウィルスチェックもしましたが、問題なし。

Firefoxには『Adblock Plus』という広告を表示しないアドオンがあるらしく、Adblock Plusをインストール。

Adblock Plus

Firefoxでは全ての広告が表示されなくなりました。

広告が表示されなくなりました。

もしFirefoxで変な広告が出たときはお試し下さい。

 

EC-CUBEでSSL利用時に、相対バスから絶対パスに変える方法

EC-CUBEでSSLを利用すると、テンプレートの各リンクが相対パスになっているため、一度SSLURLに入るとURLがSSLのままになってしまいます。

それでは変なので、修正します。

青地の部分を

<a href="<--{$smarty.const.TOP_URL|escape}-->">
又は
<a href="<!--{$smarty.const.ROOT_URLPATH}-->">

赤字の部分に変更します。

<a href="<!--{$smarty.const.HTTP_URL}-->">

必要な箇所は全て修正しないといけないので、ちょっと大変かもしれません。

CentOS5にPostgreSQL9.2をインストールする

CentOS5PostgreSQL9.2をインストールする方法です。

リポジトリを追加

wget http://yum.postgresql.org/9.2/redhat/rhel-5-x86_64/pgdg-centos92-9.2-5.noarch.rpm
rpm -ivh pgdg-centos92-9.2-5.noarch.rpm

PostgreSQL9.2をインストール

yum install --enablerepo=pgdg92 postgresql92*

データベースの初期化

/etc/rc.d/init.d/postgresql-9.2 initdb

PostgreSQL9.2を起動

/etc/rc.d/init.d/postgresql-9.2 start

PostgreSQL9.2を自動起動

chkconfig postgresql-9.2 on

phpPgAdminからpostgresユーザーでログイン出来るようにする

vi /var/lib/pgsql/9.2/data/pg_hba.conf

赤文字部分を変更する

# TYPE  DATABASE        USER            ADDRESS                 METHOD

# "local" is for Unix domain socket connections only
local   all             all                                     trust
# IPv4 local connections:
host    all             all             127.0.0.1/32            trust
# IPv6 local connections:
host    all             all             ::1/128                 trust
# Allow replication connections from localhost, by a user with the
# replication privilege.
#local   replication     postgres                                peer
#host    replication     postgres        127.0.0.1/32            ident
#host    replication     postgres        ::1/128                 ident
Type  :quit  to exit Vim

Photo SphereをGalaxy S4(SC-04E)で使う方法

Galaxy S4(SC-04E)のカメラにはPhoto Sphere機能がついていません。

なので別途Photo Sphereアプリをインストールする必要があります。

設定→その他→セキュリティーで提供元不明アプリにチェックを入れます。

Photo SphereをGalaxy S4(SC-04E)で使う方法

下記よりダウンロードしてインストールします。
http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=2340751

下記のようにカメラのアイコンが追加されます。
Photo SphereをGalaxy S4(SC-04E)で使う方法

 
連続写真を撮影して継ぎ目のない 360 度の画像を自動的に作成することができます。

Clam AntiVirus のインストール

■Clam AntiVirusインストール

# yum -y install clamd

■Clam AntiVirus起動

# /etc/rc.d/init.d/clamd start

■Clam AntiVirus自動起動設定

# chkconfig clamd on

■ウィルス定義ファイル更新機能の有効化

# sed -i ‘s/^Example/#Example/g’ /etc/freshclam.conf

■ウィルス定義ファイル最新化

# freshclam

■ウィルススキャンテスト

# clamscan –infected –remove –recursive

■ウィルススキャンを定期的に実行

# vi clamscan.sh

■以下を記述

#!/bin/sh

clamscan -r /home \
–infected \
–recursive \
–remove \
–log=/var/log/clamav/clamav_`date +%Y-%m-%d`.log \

# –infected   感染を検出したファイルのみを結果に出力
# –recursive   指定ディレクトリ以下を再帰的に検査 圧縮ファイルは解凍して検査
# –log=FILE   ログファイル
# –move=DIR   感染を検出したファイルの隔離先
# –remove   感染を検出したファイルを削除
# –exclude=FILE   検査除外ファイル(パターンで指定)
# –exclude-dir=DIR 検査除外ディレクトリ(パターンで指定)

■実行権限を与える

# chmod +x clamscan.sh

■Cronで毎日実行させたいので、/etc/cron.daily/に移動する。

# mv clamscan.sh /etc/cron.daily/