ダイリン株式会社様のサイトをCMSウェブルで制作しました

ダイリン株式会社様のサイトをCMSウェブルで制作しました。
http://www.dairin-co.jp/

Google+: View post on Google+

Post imported by Google+Blog. Created By Daniel Treadwell.

やきとり一番四条千本店様のfacebookページを作りました。

チェックインすると、飲食代10%OFFのクーポンをご利用いただけます。
https://www.facebook.com/pages/%E3%82%84%E3%81%8D%E3%81%A8%E3%82%8A%E4%B8%80%E7%95%AA-%E5%9B%9B%E6%9D%A1%E5%8D%83%E6%9C%AC%E5%BA%97/206134139468357

WebWave有限会社ではfacebookページも制作をいたします。

Google+: View post on Google+

Post imported by Google+Blog. Created By Daniel Treadwell.

CentOS5.6にphp53パッケージをインストールする

備忘録として、CentOS5.6に標準でインストールされているPHP5.1からPHP5.3へアップデートと最低限必要なモジュールのインストールを忘れないようにまとめました。

CENTOSのphp53関連のパッケージ確認
# yum list php53*

PHP5.1.6の削除
# yum remove php php-*

php53のインストール
# yum install php53 php53-mbstring php53-mysql

DOMのインストール
# yum install php53 php53-xml

mcrypt拡張のビルドに必要なパッケージをインストール
# yum install php53-devel libmcrypt-devel

php-mcryptのインストール
# yum install php53-mcrypt

POSIXのインストール
# yum install php53-process

phpPgAdmin関連
yum install php53-pgsql

Apacheの起動
# /etc/rc.d/init.d/httpd restart

インストールしたモジュールの確認
# php -m

Webminのインストール

  1. まず、WebminのWebサイト(http://www.webmin.com/download.html)から最新版のRPMファイルをダウンロードする。
  2. # cd /tmp
    # wget http://prdownloads.sourceforge.net/webadmin/webmin-1.550-1.noarch.rpm

  3. インストールする
  4. # rpm -ihv webmin-1.550-1.noarch.rpm
    警告: webmin-1.550-1.noarch.rpm: ヘッダ V3 DSA signature: NOKEY, key ID 11f63c51
    準備中... ########################################### [100%]
    Operating system is CentOS Linux
    1:webmin ########################################### [100%]
    Webmin install complete. You can now login to http:/aaa.bbb.ne.jp:10000/
    as root with your root password.

VMware ESXi 4.1をホストOS起動時にゲストOSも自動起動させる。

  1. VMWare vSphere Client を起動。
  2. インベントリ を選択し、左ウィンドウのツリーで最上位のホストマシン本体をクリックし、右ウィンドウの構成タブをクリックします。
  3. 構成タブ左にある、仮想マシン起動/シャットダウンをクリックし、表示されたページの右上にあるプロパティ…をクリックします。
  4. 別ウィンドウで、仮想マシンの起動およびシャットダウンが開きます。
  5. 起動順序はデフォルトでは手動での起動になっているので、ゲストOSをクリックして『上へ移動』をクリックし、自動起動に移動させて OK ボタンをクリック。
  6. これで完了。

EC-CUBE

ようやくEC-CUBEのテンプレートのコーディングが出来たと思ったら大変な事に・・・
EC-CUBEの運用実験をしていて問題発覚!
どうも商品数が多くなるとかなりレスポンスが悪くなる、1000弱の商品点数でページを開くのに約12秒もかかってしまう。
どうもデータベースの構造に致命的な問題がある様子、設計ミスなのか?
10ページ見るのに120秒のロス、サイト訪問者は我慢できる数字なのか?
それと商品のメンテナンスが非常にやりにくい、毎回商品を絞り込んで編集しないといけない、正直商品点数が多いとやってられない。
EC-CUBEは商品が数点の店舗向きなのだろう。
やはりosCommerceが一番ベスト?